【WDW】ダイニングプランって何?料金や内容など2017年最新情報まとめ

ハリウッド&バイン

スポンサーリンク




2017年8月にハネムーンでフロリダにある世界最大のディズニーパーク、ウォルトディズニーワールドへの旅行に行ってきました。

今日はウォルトディズニーワールドへ旅行に行くにあたって知っておきたい、このたびの旅行で私も利用した、ダイニングプランというシステムについてまとめたいと思います。

 

 

ダイニングプランとは

「ダイニングプラン」と言うだけだと概要が分かりづらいのですが、

これはウォルトディズニーリゾート直営ホテルに宿泊して、同時にマジック・ユア・ウェイ・チケット(パークの入場券)を購入した人が、

事前にダイニングプランの料金を支払いすると現地でプラン内の食事代を支払う必要がなく、気軽に食事ができるというプランです。

ダイニングプランの種類には、

  1. クイックサービス・ダイニングプラン
  2. レギュラー・ダイニングプラン(ダイニングプランだけで呼ぶときもあり)
  3. デラックス・ダイニングプラン

の三種類があります。それぞれの詳細をまとめていきます。

 

 

クイックサービス・ダイニングプラン

三つある種類の中で一番シンプルなプランです。クイックサービス・ダイニングプランには、一人一泊につき以下の食事が含まれます。

クイックサービスレストランでの食事二回

→クイックサービスとは、好きなものを自分で選んで最後に会計をしたり、カウンターで注文をするスタイルの、ファストフード店やフードコートような食事のことです。

メイン料理+アルコール以外の飲み物がクイックサービスレストランでの食事に含まれます。

以下の画像はマジックキングダムのビーアワゲストレストランのランチでクイックサービスダイニングプランを利用して食べた食事です。

クイックサービスダイニングプラン

画像には写っていないのですが、この他にソフトドリンクもダイニングプランを利用して飲むことができました。

東京ディズニーランドでいうと、クイーンオブハートのバンケットホール、トゥモローランド・テラス、ニューヨーク・デリなどをイメージしてもらうと分かりやすいです。

トゥモローランドテラス(C)Disney

こういった食事のできる場所でのメイン料理+ソフトドリンクがクイックサービスに当たります。ホテルのフードコートもクイックサービスダイニングプランを利用して食事することが可能です。

 

スナック二回分

→アイスクリームや、ポップコーン、ジュースなどの手軽に買うことのできる軽食をスナックといいます。

東京ディズニーリゾートでもポップコーンや、ジュースや、フルーツなど、各所にワゴンが出て売られていますよね。

そういったワゴン等で売られている軽食がスナックになります。

ディズニーランド・ワゴンのフルーツ(C)Disney

またワゴンで買えるフードやドリンク以外に、ちょっとしたお菓子などのお土産でも利用できます。スナックとして購入できるものかは、ワゴンやショップの棚の商品名や金額の横についているこのマークが目印です。↓

スナックのアイコン

以下の写真はアニマルキングダムの中のお土産屋さんのお菓子の棚の写真ですが、商品名や金額の表示の左横に小さくこのスナックのマークがついています。

アニマルキングダム・お土産

小さすぎて見づらく申し訳ありません…。

こういったお土産屋さんに売っているちょっとしたお菓子もスナックとして購入可能です。

 

リフィルマグ一個

→ディズニー直営ホテルのフードコートのドリンクバーにあるドリンクを入れて、何度でも飲むことができるマグです。ホテルのフードコートに併設しているショップで売っています。

リフィルマグ

ホテル内で何度もドリンクを入れて飲むことはできますが(無駄に入れることを防ぐため連続では使えない)、パーク内のフードコートなどにあるドリンクバーでは利用できないようです。

ホテルのフードコートのドリンクバーでこのリフィルマグ入れたドリンクをパークに持って入ることは可能ですが、密閉ではないので揺らすと中のドリンクが漏れてしまう可能性があります。

このリフィルマグをパークで持っている人はよく見かけましたが、多くの人が手にもって移動していました。アトラクションに乗るときはどうするんだろう…と思いましたが、おそらくアトラクションに乗る前に飲みほしてしまうんだと思います。

パーク内での利用は難しいとこですが、このマグがあればホテル内でのどを癒すのに役立ちますね。

ちなみに私が宿泊したポップセンチュリーリゾートのドリンクバーには以下のようなドリンクがありました。

ポップセンチュリー・ドリンクバー

これ以外にもいろいろドリンクはあったのですが、自分が撮った写真が多すぎてドリンクバーの写真が発見できないので写真を見つけたら追記します…。

ただ思っていたより多くの種類がありましたよ。

 

レギュラー・ダイニングプラン(ダイニングプラン)

レギュラー・ダイニングプランはただの「ダイニングプラン」という名前で呼ぶこともあり、このサービス自体の名前と一緒なのでややこしいのですが、三つあるプランの中では真ん中のランクのプランになります。

ダイニングプランには一人一泊につき以下の食事内容が含まれます。

 

テーブルサービスレストランでの食事一回

→ウェイターが席まで案内をし、メニューを持ってきてくれて注文するスタイルのレストランでの食事、またはビュッフェ形式の食事です。キャラクターダイニングはテーブルサービスになります。

東京ディズニーリゾートのレストランに当てはめて考えると、ブルーバイユーレストラン、マゼランズ、SSコロンビア・ダイニングルーム、リストランテ・ディ・カナレット等がテーブルサービスに当たると考えると分かりやすいかと思います。

東京ディズニーランド(C)Disney

クイックサービスレストランでの食事一回

→ファストフードやフードコートでのメイン料理+ソフトドリンクがこれに当たります。ホテルにあるフードコートでも利用可能です。

 

スナック二回分

→クイックサービス・ダイニングプランのスナックと同じく、アイスクリームやポップコーン、ジュースなどの、ワゴンで買うことのできる軽食や、一部のお土産がスナックにあたります。これが一泊につき二回つきます。

スナックとして購入できるものかは、ワゴンやショップの商品名や金額の欄の横についているこのマークが目印です。↓スナックのアイコン

 

リフィルマグ一個

→滞在期間中、ホテルのフードコートのドリンクバーにあるドリンクがこのリフィルマグを使うと何度でも飲むことができます。

リフィルマグ

ただしこのマグはパーク内のフードコートなどにあるドリンクバーでは使用できないので注意です。

 

 

デラックス・ダイニングプラン

デラックス・ダイニングプランはデラックスというだけあり、三つのプランの中で一番内容の充実したプランです。

デラックス・ダイニングプランには、一人一泊につき以下の食事がつきます。

 

クイックサービスまたはテーブルサービスレストランでの三回

→ファストフードやフードコートのような食事(クイックサービス)でも、ウェイターが席まで案内をし、メニューを持ってきてくれて注文するスタイルのレストランでの食事やビュッフェ形式の食事(テーブルサービス)でも利用可能です。

 

スナック二回分

→アイスクリームやポップコーン、ジュースなどのワゴンで買うことのできる軽食や一部のお土産がスナックにあたります。スナックとして購入できるものには、ワゴンやショップの棚にこのマークがついています。↓

スナックのアイコン

 

リフィルマグ一個
→滞在期間中、ホテルのフードコートのドリンクバーにあるドリンクがこのマグを使って何度でも飲むことが可能です。

 

上記のような三つのプランがあり、

例えばディズニーリゾート直営ホテルに5泊宿泊して、クイックサービス・ダイニングプランを申し込んだ場合は、

滞在期間中一人につき、

クイックサービスレストラン一日2回×5泊分=10回(10ポイント)
スナック一日2回×5泊分=10回(10ポイント)
リフィルマグ1個

がつくことになります。

これは一日分(クイック2回、スナック2回)を全て一日で消化しなければならないということではなく、

一日のうちにクイックサービスレストランに3回行って、3回分消化してもいいし、もしくはスナックを一日に4回食べて4回分消化することも可能です。

つまり、利用可能回数以内なら、一日に何度もダイニングプランを使って食事をしてもいいのでフレキシブルに利用することができます♪

 

スポンサーリンク



実際にダイニングプランを利用したレストランやスナック

私はレギュラー・ダイニングプランを利用して夫と二人で五泊したので、二人合わせて五泊分で以下のような回数でレストランやスナックを利用することができました。

またダイニングプランでは回数でなく”ポイント”という表現で利用可能食事回数をカウントするため、ポイントでも表示しています。

  • クイックサービスレストラン…五泊×二人で10回分(10ポイント)
  • テーブルサービスレストラン…五泊×二人で10回分(10ポイント)
  • スナック…五泊×二人で20回分(一泊につきスナック二回のため)(20ポイント)
  • リフィルマグ…それぞれで一つずつ

 

クイックサービスレストラン

ここからは実際にディズニーワールドでダイニングプランを使って食事するイメージがわきやすいように、”食事〇回”でなく”ポイント”を使って記述していきます。

実際に私たちが利用したクイックサービスレストランは、

宿泊したディズニー直営ホテル、ポップセンチュリーリゾートにあるフードコートで4ポイント(二人×食事二回)、

ダイニングプラン

マジックキングダムにあるビーアワゲストレストランで2ポイント(二人×食事一回)、

クイックサービスダイニングプラン

エプコットにある桂グリルで3ポイント、

(私は一食分、写真には写っていませんが夫がこの他にお寿司も注文して二食分食べたので二人で合計3ポイント消費)

桂グリル

ここまでで合計9ポイント消費しましたが、残りの1ポイントは消費できませんでした。

ただ最終日の夜に、次の日帰国する前に朝食べられるようホテルのフードコートで何か買っておくつもりだったのですが、力尽きて買いに行くことができなかったことが消費できなかった理由なので、

頑張れば十分すべてのポイントを消費できたと思います。

またクイックサービスレストランでの食事はメイン料理とソフトドリンクが対象になるので、メイン料理だけを頼んだ場合は「ダイニングプランを利用するんだったらドリンクも注文して!」とキャストの方に言われました。

そのためクイックサービスダイニングプランを利用する場合はドリンクも注文しましょう。

ダイニングプランの対象のドリンクには、メニューに以下のスナックと同じダイニングプランのマークがついているので分かりやすいですよ。

 

 

テーブルサービスレストラン

続いて実際に私たちがダイニングプランを利用して食事をしたテーブルサービスレストランです。

まずハリウッドスタジオにあるハリウッド&バインでのディナー。(ビュッフェ形式)

こちらのディナーではミニーやミッキー、ドナルド、グーフィーなどの人気キャラクターとグリーティングができます。

ハリウッド&バイン

現在朝食、ランチではディズニーチャンネルのキャラクターとグリーティングができますが、9月上旬からは(正確な日付を確認したら追記します)ランチでもミニーやドナルドとグリーティングングしながら食事を楽しむことができます。

ここで二人で食事をしたので全部で10ポイントあるうちの2ポイント消費。

 

つぎにアニマルキングダムにあるタスカーハウスレストランでのランチ。(ビュッフェ形式)

このレストランでは探検家の衣装を着たミッキー、ドナルド、デイジーなどのキャラクターとグリーティングしながら食事ができます。

タスカハウスレストラン

ここで二人で食事をしたので2ポイント消費。

 

次にディズニー直営ホテルの一つ、ビーチクラブリゾートにあるケープメイカフェの朝食。(ビュッフェ形式)

ケープメイカフェ

ここの朝食は美味しいと評判で、しかもマリンルックのミニーやドナルドとグリーティングしながら食事をすることができます。

二人で食事をしたので2ポイント消費。10ポイント全て消費まであと4ポイントです。

 

次にエプコットのガーデングリルレストランでのディナー。(ビュッフェ形式)

ガーデングリルレストラン

このレストランでは農夫姿のミッキーやチップ&デール、プルートとグリーティングができます。ここまでのテーブルサービスレストラン、見事にキャラダイばかりです(笑)

ここも二人での食事で2ポイント消費。

 

最後にマジックキングダムのビーアワゲストレストランでのディナーです。(テーブルオーダー形式)

ビーアワゲストレストラン

クイックサービスを利用してランチでも食事に行きましたが、人の出入りも激しくないし食事も美味しくディナーの方が良かったです。

ここも二人で食事をしたので2ポイント消費。以上で合計10ポイント全て消費しました!

 

 

スナックポイントに関しては随時追記します!



ダイニングプランの使い方・支払い方法

ではここからは実際にレストランなどでどうやってダイニングプランで支払いをするのか、キャストの方に何と伝えればいいのかなどを説明します。

 

クイックサービスレストランの場合

クイックサービスレストランの場合はメイン料理+ドリンク(スナックのマークがついているものが対象)を選び、レジに持っていくか、

カウンターで食事を注文する場合は注文するメイン料理とドリンク(スナックのマークがついているものが対象)をキャストの人に伝えます。

そしてレジの方に「Dinig plan,please(ダイニングプランプリーズ)」と伝えます。

パークやホテルにあるレジには全てマジックバンドをタッチさせるための横10cm、縦8㎝くらいの画面がついた端末があります。

レジの人に「ダイニングプランプリーズ」と伝えるとその画面に「Ready」という文字が出るので、その文字が出たら端末の画面に自分のマジックバンドのミッキーのマークの部分をタッチさせます。

そして同じ端末に数字を入力するキーボードがあるので、そこにマジックバンドのPINコード(暗証番号。事前に自分で決められる)を4桁入力して右下の緑色のボタン(確か”〇”か”Enter”のボタンだったと思います。)を押します。

これでダイニングプランでの支払いは終わりです。レシートをくれて、レシートに残りのクイックサービスレストランで使えるダイニングプランのポイント数が書かれているので残りのポイントを確認できます。

中には「あと〇ポイントあるわよ!」と伝えてくれるレジのキャストの方もいます。

ちなみにダイニングプランだけでなく事前にマジックバンドに登録したクレジットで支払う場合も、同じように「Ready」という画面が表示されたらマジックバンドを端末の画面にタッチさせて、PINコードを入力する、という流れです。

 

スナックポイントを使う場合

スナックポイントはパークのあちこちのワゴンで売られているアイスやプレッツェルなどのフードやドリンク、ショップに売られている小さなお菓子などにも使えるポイントです。

スナックポイントで購入できるものには表示されている商品名や金額の横にスナックのマークがついているので分かりやすいです。

スナックポイント

ダイニングプランのスナックポイントでの支払い方法も、先ほど説明したクイックサービスレストランでの支払い方法と同様です。

 

テーブルサービスレストランの場合

ビュッフェ形式

私たちはビュッフェ形式のテーブルサービスレストランをよく利用したのですが、以下の方法で支払いをしました。

食事が終わったら周りにいるキャストの人に「Check,please (チェックプリーズ)」と声をかけます。

もしくは頃合いをみてキャストの方が黒いバインダーにはさんだレシートを持ってきてくれます。

そしてレシートを持ってきてくれたキャストの方に「I want to use Dining plan.(アイウォントゥユーズダイニングプラン)」や短く「Dining plan,please (ダイニングプランプリーズ)」と伝えます。

そうするとキャストの方がマジックバンドをタッチさせるための端末を席まで持ってきてくれるので、画面にマジックバンドをタッチさせて、PINコード4桁(暗証番号。事前に自分で決める)を入力して、右下の緑色のボタン(“〇”か”Enter”と書かれているはず)を押します。

そうすると金額が $0 となった新しいレシートをまた黒いバインダーに挟んで持ってきてくれます。

そのとき一番下に「Guest Copy」と書かれたレシートも持ってきてくれますがこれは自分たちの控えなので自分たちがもらいます。

ダイニングプランにチップは含まれないので、チップはレストランで別途支払う必要があります。

「Guest Copy」でない方のレシートには18%と20%の場合のチップの料金が表示されているので、その金額を目安にチップを黒いバインダーに挟みます。

バインダーにチップを挟んでおけば、席に置いたままにしてレストランを出ても大丈夫です。

私は毎回チップを現金で支払ったのですが、クレジットカードで支払う場合はキャストの方に「I want to pay the tip with a credit card.(アイウォントゥペイザチップウィズアクレディットカード)」と伝えれば大丈夫だと思います。

おそらくまた端末を持ってきてくれるのでそこにマジックバンドをタッチさせてPINコードを入力すれば、チップ代金はマジックバンドに登録しているクレジットカードから引き落としされます。

マジックバンドに登録していないクレジットカードで支払う場合も「I want to pay with another credit card.(アイウォントゥペイウィズアナザークレディットカード)」と伝えれば大丈夫だと思います。

私たちはビュッフェ形式のレストランでダイニングプランを利用することが多かったのですが、そのときにダイニングプラン対象外のお酒も何度か注文しました。

その場合は注文したお酒の料金も支払わなければいけないので、チップを置くときにチップに追加してお酒の代金も置いて帰りました。

 

 

オーダー形式のレストラン

私たちがダイニングプランで利用したテーブルサービスのレストランは、マジックキングダムにあるビーアワゲストレストランのディナーだけなのですが、おそらく他のテーブルで料理を選んで注文する形式のレストランも同じなのではないかと思います。

まず料理をオーダーする際に「I want to use Dining plan.(アイウォントゥユーズダイニングプラン)」や短く「Dining plan,please (ダイニングプランプリーズ)」とウェイターの方に伝えます。

するとメニュー表のなかからダイニングプランの対象になる料理を教えてくれるのでその中から料理を選びます。

ビーアワゲストレストランの場合は一人につきメイン料理とデザートを一つずつ選ぶことができました。

ビーアワゲストレストラン ビーアワゲストレストラン

注文する際にウェイターの方がマジックバンドをタッチさせるための端末を席まで持ってきてくれるので、画面にマジックバンドをタッチさせて、PINコード4桁(暗証番号。事前に自分で決める)を入力して、右下の緑色のボタン(“〇”か”Enter”と書かれているはず)を押します。

私たちの場合は注文する際でしたが食事後にマジックバンドをタッチさせる場合もあるかもしれません。

食事が終わるとウェイターの方が黒いバインダーに挟んだレシートを持ってきてくれます。チップの代金はダイニングプランには含まれておらず別で支払いが必要なので、現金をバインダーに挟んでおきます。

私たちは現金で支払ったのですが、クレジットカードで支払う場合はキャストの方に「I want to pay the tip with a credit card.(アイウォントゥペイザチップウィズアクレディットカード)」と伝えれば大丈夫だと思います。

おそらくまた端末を持ってきてくれるのでそこにマジックバンドをタッチさせてPINコードを入力すれば、チップ代金はマジックバンドに登録しているクレジットカードから引き落としされます。

マジックバンドに登録していないクレジットカードで支払う場合も「I want to pay with another credit card.(アイウォントゥペイウィズアナザークレディットカード)」と伝えれば大丈夫だと思います。

ウェイターの方がレシートを持ってきてくれた際に一緒に挟んである、一番下に「Guest Copy」と書いてある紙は自分たちの控えなので持ち帰るようにしましょう。



三つのダイニングプランを比較しておすすめのプラン

三つのプランを比較して、どのような旅行スタイルの人にどのプランが合っていかなぁと考えたのですが、

クイックサービス・ダイニングプランは、食事は軽食で済ませて、それよりもアトラクション、ショーやパレードなどのエンターテイメントを楽しみたい!という人にぴったりです。

レギュラー・ダイニングプランは、一泊一人につきテーブルサービスレストランでの食事が含まれるので、

アトラクションやショーもだけど、レストランでの食事やキャラクターダイニングも楽しみたい!という人にぴったりです。

デラックスダイニングプランは必ずしもこのプランが必要かというとそうでもないように感じます。

内容は充実しているのですが、あまりにも食事の回数や内容にボリュームがあるため、このプランを選んだ場合、食事に縛られて他の行動が制限されてしまう気がします。

そのため、デラックス・ダイニングプランはアトラクションやショーなどのエンターテイメントよりもレストランでの食事やキャラクターダイニングを重視したい!という人にぴったりです。

 

ダイニングプランで注意すること

テーブルサービスレストランの中でも、通常のレストランと比べて高級なレストランやディナーショー、高級なキャラクターダイニング(これらのレストランをシグネチャー・レストランを呼びます)では

テーブルサービスのポイントを一回の食事で2ポイント消化する場合もあるので、そこは注意して計画的に食事をしないといけません。

パーク内でダイニングプランのテーブルサービスのポイントを一回の食事で2ポイント消化するレストランについては以下の記事にまとめています。

【注意】ディズニーワールド・ダイニングプラン2回消費のレストラン!2017年版

2017.05.21

またレストランだけでなくホテルのルームサービスも、テーブルサービスレストランのポイントを2ポイント消化して利用可能です。

また、これらのダイニングプランのテーブルサービスを利用した場合、食事代は支払い不要ですが、チップは別途必要です。

ツアーでディズニーワールドに旅行に行く場合は、旅行会社によって金額が違うこともあるので旅行会社に確認する必要があります。

 

ダイニングプランの料金

2017年現在、ダイニングプランの料金は一泊あたり税込みで以下のようになっています。

大人(10歳以上) 子ども(3~9歳)
クイックサービス・ダイニングプラン $48.19 $20.88
レギュラー・ダイニングプラン $69.35 $24.95
デラックス・ダイニングプラン $106.68 $38.75

参照:http://www.wdwinfo.com/disney-dining-plan.htm

ちなみに2018年は値上がりして、一泊あたり税込みで以下の料金になります。

大人(10歳以上) 子ども(3~9歳)
クイックサービス・ダイニングプラン $52.50 $21.74
レギュラー・ダイニングプラン $75.49 $25.75
デラックス・ダイニングプラン $116.25 $39.99

参照:http://www.wdwinfo.com/disney-dining-plan.htm

この料金は、直接ディズニーワールドでホテル予約&パークチケット購入をした場合の料金です。

その他の旅行会社・代理店で予約をしている場合は、その旅行会社・代理店によって追加料金の金額が異なります。

また追加できない場合もあるので、気になった方はダイニングプランは利用可能か、可能であれば追加料金はいくらかを旅行会社・代理店に確認する必要があります。

 

お得なフリーダイニングプラン

ダイニングプランは、時期によってフリーダイニングプランという、該当のディズニー直営ホテルに三日以上宿泊して同時にパークホッパーチケット(パーク入場券)も三日以上購入した場合、

クイックサービス・ダイニングプランまたはレギュラー・ダイニングプランを無料・または通常より安くつけることができるキャンペーンをしています♪

どのダイニングプランを無料で付けられるかは宿泊するホテルのランクによって異なり、2017年夏(8月5日~9月30日)のフリーダイニングプランでは以下のようになっています。

バリュー クイックサービス・ダイニングプランに追加料金なし
モデレート クイックサービス・ダイニングプランに追加料金なし
デラックスリゾート、ヴィラ レギュラー・ダイニングプランに追加料金なし

バリュー・モデレートのホテルに宿泊する場合は追加料金でレギュラー・ダイニングプランに変更することも可能、
デラックスリゾート、ヴィラに宿泊する場合は追加料金でデラックス・ダイニングプランに変更することも可能です。
ただ、ディズニー直営ホテルに宿泊する場合でも、フリーダイニングプランの対象になっていないホテルもあるので注意が必要です。

私がミッキーネットの方に確認した限りでは、アート・オブ・アニメーションリゾートのアリエル棟はフリーダイニングプランの対象外とのことでした。

アートオブアニメーションリゾートのアリエル棟は、いろいろな方が行かれた写真を見ているとすごく可愛いのですが、フリーダイニングプランは対象外とのことで、私が今回宿泊するのをポップセンチュリーリゾートにした理由でもあります。

私がミッキーネットでホテルの予約をする際、スタッフの方がフリーダイニングプランのキャンペーンをしていることを教えてくださり、

通常よりお得にレギュラー・ダイニングプラン(一泊につきテーブルサービス1回、クイックサービス1回、スナック2回、リフィルマグ1個)追加することができたので申し込みました。

フリーダイニングプランについて、詳しくはこちらに書かれています♪

2017年のフリーダイニングプランは8月5日~9月30日までの期間限定です。フリーダイニングプランの部屋の予約枠が埋まると、フリーダイニングプランを追加できない場合もあるので早めの予約が必須です。
自分の旅行の日程とかぶっていたら是非追加して、現地ではお金を気にすることなく食事を楽しみたいですね♡

スポンサーリンク