【注意】ウェルシュ菌による食中毒。二日目のカレーは危険!?

カレー

スポンサーリンク




これからの季節どんどん暑くなり、食材や調理済みの料理の保存に特に慎重になりますよね。

美味しくて子供にも人気で、簡単に作ることができるのが魅力的な日本の定番家庭料理のカレー。

カレー

よく一晩寝かせた、二日目のカレーが美味しいといいますが、一度作ったカレーを保管する際は要注意です。きちんとした保存方法で保存しなければウェルシュ菌という怖い食中毒にかかって嫌な思いをするかもしれません。

そうならないために、今のうちからカレーによる食中毒が特に多い、ウェルシュ菌について知っておきましょう。

 



ウェルシュ菌とは

ウェルシュ菌は土の中や水の中、人間や動物の腸内など、広くどこにでも生息している細菌です。

ウェルシュ菌

ウェルシュ菌

NIID国立感染症研究所:https://www.niid.go.jp/niid/ja/

どこにでもいる細菌のため、私たちが普段食べている肉や魚はそもそもウェルシュ菌が生息している状態で店頭まで運ばれてきて、私たちもそれを購入して口にしていますが、この食材に生息している細菌を数個食べたからといって私たちの体には影響ありません。

しかしあまりに多くのウェルシュ菌が発生、生息した状態でその料理を食べてしまうと食中毒になり得ます。

ウェルシュ菌は酸素(空気)が嫌いな細菌のため、カレーなどおの鍋料理を作った場合、酸素濃度の低い鍋底でウェルシュ菌が増殖します。

またウェルシュ菌は生存に適さない状況(高温、乾燥、栄養状態)になると、芽胞(がほう)と呼ばれる固い殻を作って休眠することがあります。

この一度作られた芽胞は、長時間の加熱、アルコール消毒などをしても完全に死滅させることができません。芽胞ができてしまった状態で、再加熱することでウェルシュ菌が生存しやすい環境に変わると、芽胞から菌が発生し、増殖をはじめてしまいます。

ですので、一晩おいて再度加熱して食べることの多いカレーはウェルシュ菌が増殖しやすくなるのです。

 



ウェルシュ菌による食中毒の症状

6~18時間の潜伏期間の後、腹痛、下痢などの症状が出ます。おう吐や発熱などの症状はないようです。

 

ウェルシュ菌の予防

ウェルシュ菌は酸素(空気)の少ない鍋底で繁殖しやすいので、カレーなどの煮込み料理を作る際、

・鍋底までしっかりとかき混ぜ、空気を送りながら加熱する

また、ウェルシュ菌が特に増殖するのは40~50℃。この温度をできるだけ避けるため、短時間で冷やすことが大切です。そのために

・容器に小分けして入れて冷やす。

鍋のまま冷蔵すると、中心部が冷えるのに時間がかかるためウェルシュ菌増殖につながります。またいったん小さめの容器に分けて入れ、容器ごと氷水につけて急速に冷やし、その後冷蔵庫で保存する、というのも手です。

またたとえ冷蔵庫に入れていたとしても少しずつウェルシュ菌は増殖するので、

・作ったら早めに食べる

ということも忘れないでください。

 

カレー以外にも、シチューやエビチリなどのとろみがついた料理や、筑前煮などもウェルシュ菌が発生しやすいため、調理の際には鍋底まで良くかき混ぜる、保存する際は小分けにして急速に冷やす、早めに食べるということに気をつけて、夏場でも美味しく楽しく健康に過ごしましょう。

スポンサーリンク