飲みすぎ危険!カフェイン中毒の症状は?致死量で中毒死の可能性も

コーヒー

スポンサーリンク




こんにちは、6月14日放送の日本テレビ「スッキリ!」で、近年患者が増えているカフェイン中毒について特集がされました。

普通に飲む分には大丈夫なのですが、短時間にカフェインを大量に摂取することでカフェイン中毒となり、最悪の場合死に至ることもあります。実際にカフェイン中毒での死亡例もあります。

私自身コーヒーが大好きなので毎日必ず一杯、眠いときにはそれ以上飲むので、飲みすぎには気を付けないといけないと感じました。カフェインが含まれるのはコーヒーだけではないので、コーヒーは飲まないという人でも注意が必要です。

今日はそんなカフェイン中毒について、中毒症状や、症状が出る目安量、コーヒー以外にも気を付けなければいけないものなどについて、「スッキリ!」で紹介されていた内容をまとめました。



カフェイン中毒とは・カフェイン中毒の症状

カフェイン中毒とは、短時間に大量のカフェインを摂取することで、めまいや動悸、激しい嘔吐などの症状が引き起こることです。最悪の場合死に至ります。

 

カフェイン中毒になりやすい人とは

看護師、介護士など昼夜別なく働いている人・夜勤など眠気と闘う仕事に就いている人がカフェイン中毒になることが多く、また若い人ほど中毒患者が多い傾向にあります。

以下は日本中毒学会の調査による、カフェイン中毒で搬送された人数の変化を表したグラフです。報告された101人のうち14~18歳の患者は16人に及びます。

カフェイン中毒グラフ

ただしこれは全国の数字ではなく9地点の救急病院から報告を受けた数字なので、実際にはもっと多いと考えられています。

 

カフェイン中毒の危険性がある目安量

成人の場合、短い時間(1~2時間)でカフェインを1g(1000mg)摂取した場合、カフェインの中毒症状が出るといわれていて、致死量の目安は短時間で3gの摂取と言われています。

 

◇中毒症状が出る1gの目安の量◇

では中毒症状が出る1gのカフェインというのはどのくらいの量なのでしょうか。

コーヒーの場合、一杯200mlにカフェイン約120mgが含まれるので、短時間(1~2リットル)に約8杯(1.6リットル)飲むと中毒症状が出る可能性があります。コーヒー

緑茶(煎茶)の場合、一杯200mlにカフェイン約40mgが含まれるので、短時間に約25杯(5リットル)、

紅茶の場合は短時間に3.3リットル飲むとカフェイン中毒の症状が出る可能性があります。



カフェインが入っているものはコーヒーだけではない

カフェインが入っている  = コーヒー と思われがちですが、それよりもっと気を付けなければいけないのが次に説明する二つです。

エナジードリンクの危険性

眠気防止や滋養強壮などをうたうエナジードリンク。医薬品ではなく清涼飲料水として販売されていてコンビニやドラックストアで手に入ります。エナジードリンク

エナジードリンクでの死亡例もあり、2015年12月には20代の男性がカフェインが含まれたエナジードリンクなどを飲みすぎたことでカフェイン中毒となり死亡しました。

この男性は24時間営業の店舗に勤務し、眠気覚ましに日常的にエナジードリンクを飲んでいたそうです。

農林水産省によると、製品によって異なりますがエナジードリンク一本あたり36~150mgのカフェインが含まれていて、150mgのカフェインが含まれるエナジードリンクの場合、短時間に7本飲むとカフェイン中毒の症状が出る可能性があります。

 

「眠気覚まし」の錠剤の危険性

薬局などで処方箋なしで買える、カフェインが含まれる「眠気覚ましの用の薬」。この薬の過剰摂取によりカフェイン中毒になる人が圧倒的に多く、エナジードリンクよりもさらに錠剤には注意をはらう必要があります。

薬

日本中毒学会の調査によると、中毒で搬送された101人のうち、エナジードリンクで中毒になった人が4人、残る97人は眠気覚ましの薬を服用していて、そのうち7人は心肺停止、3人は死亡したということ。

2016年12月には35歳の男性が眠気覚ましのためにカフェインを含む錠剤を多量に飲んだことで、急性カフェイン中毒となり死亡した例もあります。

眠気覚ましの薬に含まれるカフェインは一錠あたり約100mg。一度に服用する量や使用上の注意も定められています。

 

なぜ眠気防止薬による中毒が多いのか

エナジードリンクやコーヒーなどと比べ、眠気防止の錠剤は小さく、簡単に大量に摂取できます。もっと眠気を飛ばしたいと思い余計に錠剤を飲んでしまうことが原因と言われています。

そのためには、手軽だから、眠気が強いからといって飲みすぎない短時間にまとめて飲むことを避けることが大事です。

 

カフェイン中毒は吐き気が強く嘔吐を頻繁に繰り返して非常に苦しい中毒です。日ごろから適切な量を飲むこと、飲みすぎ・摂取しすぎには十分注意しましょう。

スポンサーリンク