紅茶に美白効果あり!?知っておきたい紅茶の美白・美肌効果や効能

紅茶

こんにちは!めいちゃんです!

もともと色が白い方ではない私は、冬でも軽く日焼け止めを塗ったり、美白に効果があると言われる食品やサプリメントを飲んだり普段から色白くならないかなぁといろいろ試しています。

また三十路が近づき肌の衰えも気になるのでいろいろな化粧品を試している中で、肌のきれいな友人や、BAさんから聞いたのですが、私たちが普段飲んでいる”紅茶”に、女性に嬉しい美肌・美白成分があるらしいのです。

気になっていろいろ調べてみたのですが、どうやらその噂は本当のようで、こんなに身近に女性の肌をきれいにしてくれるものがあるのかと驚きました。

そこで今回は紅茶に含まれる美肌・美白に効果的な成分や、飲む以外にもできる紅茶の使い方などをまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




紅茶に含まれる成分と美肌・美白効果

では具体的に紅茶に含まれるどのような成分に美肌・美白効果があるのでしょうか。順番に見ていきましょう。

まずは、

①紅茶ポリフェノール

紅茶ポリフェノールとは、収穫した茶葉を発酵させる段階で生成される、紅茶にふくまれる渋み成分です。

紅茶ポリフェノールには老化の原因となる”活性酸素”の働きを抑制する効果、”抗酸化作用”があります。

活性酸素とは、普通に生活しているだけで体内に作られる、体内に入り込んだ細菌を除去してくれる働きを持った酸素です。ですので本来は人間にとって必要な酸素なのですが、活性酸素が増えすぎると、その酸化力が強力すぎるためにかえって細胞にダメージを与えてしまいます。

ダメージをくらったことで細胞の老化がはやまり目に見える形でも老化が進行してしまうのです。

しかし紅茶に含まれる紅茶ポリフェノールには活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があるため、老化のスピードを遅らせ、肌をいつまでもつややかに保ってくれる効果があります。

また、紅茶ポリフェノールには、シミやそばかずの原因となる、メラニン色素を増やさないようにする働きがあります。

メラニン色素とは、紫外線への防御機能のため肌で作られる黒褐色の色素です。本来メラニン色素は、肌のターンオーバー(生まれ変わり)によって体外に排出されるものなのですが、

紫外線を浴びすぎたり、ターンオーバーが正常でないと体内に残ってしまい、肌を黒くしてしまいます。
しかし紅茶に含まれる紅茶ポリフェノールの働きによって、メラニン色素を増やさないようにすることで、紫外線を浴びた肌を黒くせず、白いまま維持する効果が期待できるのです。

②ハイドロキノン

紅茶にはハイドロキノンという成分が含まれます。

このハイドロキノンという成分は、皮膚科でもシミ・そばかすの治療にも使われるほど美白の効果の高い成分です。

ハイドロキノンには先ほども出てきた、紫外線を浴びることによって生成され、シミ・そばかすの原因になる黒褐色の色素、”メラニン色素”の生成を阻止する働きがあり、

またメラニン色素が生成されてしまった後でも、シミやそばかす、肌の色むらを改善してくれる美白効果があることから、美白化粧品でも使われている成分です。

シミやそばかすができる前でも、後でも効果があるということですね。

以下のような化粧品にはハイドロキノンが含まれています。

ただし肌に合わない可能性もあるためパッチテストをするなどして使用することが必要です。

③タンニン

タンニンは紅茶に含まれる苦み成分で、紅茶の味の苦みを作り出している成分です。

紅茶に含まれるタンニンは紫外線を浴びて炎症した肌のほてりを鎮静化する効果があります。

紅茶には日焼け自体を予防してくれる効果だけでなく、日焼けしてしまった後もその症状を和らげてくれる効果があるんですね。

紅茶には美肌・美白以外にも多くの効果あり

紅茶には女性にとって嬉しい美肌・美白以外にも私たちの体にいいたくさんの効果があります。

リラックス効果

紅茶に含まれるカフェインには疲労回復やリラックス効果があることが分かっています。夜なかなか寝付けないという時でも、寝る前に紅茶の香りをかぐことでリラックスして眠ることができます。

便通効果

紅茶やコーヒーに含まれるカフェインには、リラックス効果だけでなく、胃や腸を刺激することで便通を良くしてくれる効果があります。便秘気味の方にも紅茶はおすすめです。

ダイエット効果

紅茶に含まれるカテキンには脂肪を燃焼させる効果があります。普通と変わらない食事をしていても脂肪を貯めづらくなるため、女性だけでなく男性も、積極的に取り入れたいですね。

紅茶

飲むだけじゃない!紅茶の使い方

紅茶に含まれる美肌・美白効果やリラックス効果などを生かすには、紅茶を飲む以外にもさまざまな使い方があります。

紅茶風呂

紅茶をお風呂に入れて使います。方法は簡単!紅茶のティーパックを2、3個お風呂に入れるだけです。

夏の日焼けで火照った体の炎症を抑えてくれたり、日に焼けて黒くなる元になるメラニン色素の発生を抑えてくれる効果があります。

また紅茶の香りでリラックス効果も期待できます。

リラックス効果で眠りやすく

夜なかなか寝付けない・・眠りが浅い・・という方は、眠る前に紅茶の香りをかぐと良いです。

カフェインが含まれているため、飲んでしまうと逆に眠れなくなってしまう可能性がありますが、紅茶の香りにはリラックス効果があるため、夜眠る前に紅茶の香りをかいだり、または寝室に入れたての紅茶を置いた状態で香りをかぎながら眠るのも効果的です。

睡眠

紅茶パックで目の疲労回復

紅茶に含まれるビタミンやカテキンには、目の疲労を和らげてくれる効果もあります。

使い終わったティーバッグの水気を軽く切り、ガーゼなどに包んで冷蔵庫でしばらく保存。その後取り出して目の上に当ててやると目の疲労回復にも効果的です。

まとめ

紅茶に含まれる成分やその効果をまとめると・・・

紅茶に含まれる成分とその効果
・紅茶ポリフェノール…老化防止
・ハイドロキノン…美白効果
・タンニン…日焼けのほてりを鎮静化する
・カフェイン…リラックス効果、便通を良くする効果
・カテキン…ダイエット効果

紅茶には以上のような成分が含まれ、肌のみならず体にも良い効果のあるものなので、積極的にとりたい飲み物です。
私は普段カフェに行ったときはコーヒーを飲むことが多いのですが、今度から紅茶を飲む習慣を付けたいと思います。
またパソコンを触ることが多く、目は常に疲労状態なので早速紅茶パックを試してみたいと思います☆試してみた感想は追記します!

こちらも合わせてどうぞ↓↓
7月18日放送の日本テレビ「ウチのガヤがすみません」で、ある女芸人が半年でマイナス8…
7月16日放送の「林先生が驚く初耳学」で、非常に興味深い問題が出題されていま…
夏が近づく今日この頃。ダイエットにいそしんでいる女性は多いのではないでしょうか。 私もその一人…
こんにちは!私はテレビ朝日で毎週水曜午後11時45分から放送されている、【マツコ有吉のかりそ…
7月18日、TBSの人気番組、【マツコの知らない世界】で【マツコの知らないポン酢の世界】が放…
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする