驚きの連続!イッツ・タフ・トゥ・ビー・ア・バグからダイノランドUSAへ【WDW旅行記11】

ダイナソー

スポンサーリンク




先日、フロリダにあるウォルトディズニーワールドにハネムーン旅行に行ってきました。

このブログでちょこちょこディズニーワールド旅行記を更新していて、前回はアニマルキングダムのアドベンチャーアウトポストでミッキー&ミニーとダブルグリーティングをしたところまで書きました。

前回の投稿はこちら↓

カリリバーラピッドからのアドベンチャーアウトポストでグリーティング!【WDW旅行記10】

2017.09.11

ディズニーワールド旅行記をはじめから見る場合はこちらからどうぞ☆↓

ディズニーワールドへ出発!デトロイト乗り継ぎでオーランドへ【WDW旅行記1】

2017.08.18

 

イッツ・タフ・トゥ・ビー・ア・バグ!

ミッキー&ミニーとグリーティングした後はイッツ・タフ・トゥ・ビー・ア・バグへ!

イッツ・タフ・トゥ・ビー・ア・バグはディズニー映画「バグズ・ライフ」の世界を3Dとライブショーで楽しめるシアターです。

上演されるシアターに行くまでにアニマルキングダムの象徴、ツリー・オブ・ライフの麓を通るのですが、これまで遠目でしか見れなかったツリー・オブ・ライフを間近に見ることができます!

ツリーオブライフ ツリーオブライフ

迫力に圧倒されます。ずっと眺めれいられそうなくらい惹きつけられます。

これは写真でもなかなか伝わらないと思うので是非実際に行って見てほしいです!

シアターに行くまでの道も凝っていて、収容人数が多い分列はすいすい進んでしまうのですが、もうちょっとゆっくり進みながらじっくり見たいなぁと思いました。

列が進むのが早くてちゃんと写真が撮れず…。ぶれぶれでごめんなさい。

イッツ・タフ・トゥ・ビー・ア・バグは仕掛けがいっぱいで超楽しかったです!! ストーリーはフリックが昆虫の世界を案内してくれ、いろいろな昆虫と出会う中でハプニングが巻き起こるというものです。

3Dシアターといえば東京ディズニーランドのフィルハーマジックが思い浮かびますよね。

はじめてで予想ができない分余計にびっくりして楽しめたせいもあると思いますが、フィルハーマジックはディズニーの世界をドナルドと一緒に楽しめる感じですが、イッツ・タフ・トゥ・ビー・ア・バグはとりあえず昆虫たちに驚かされます。

フィルハーマジックにはない演出や仕掛けもたくさんあって、大人も子供も楽しめるし、待ち時間も長くないので本当におすすめです。



ダイノランドUSAへ

イッツ・タフ・トゥ・ビー・ア・バグを楽しんだ後はダイノランドUSAへ。ダイノランドUSAはアニマルキングダムのエリアの一つです。

ダイノランドUSA

恐竜のモニュメントがたくさんあり、アジアエリアとはうって変わってカラフルでポップな世界が広がっています。
ダイノランドUSA
ダイノランドUSA

ダイノランドUSA ダイノランドUSA

まずはアニマルキングダムの人気アトラクション、ダイナソーへ!

ダイナソー

入り口の前に恐竜がいますが結構滑稽な顔をしていました。

ダイナソーははじめファストパスはとっていなかったのですが、事前にファストパスを取得していたエクスペディションエベレストが絶叫系が苦手な私には乗れそうになかったため、エクスペディションエベレストをキャンセルする代わりにダイナソーのファストパスを取り直しました。そのためファストパスの列で進みます!

ファストパスの取り直しがマイディズニーエクスペリエンスのアプリですぐにできちゃうので便利です。

ダイナソーのアトラクションがある建物の中には恐竜のモニュメントがありました。ジュラシックパークの映画を彷彿とさせます。

ダイナソー

平気な顔して並んでいたけど実はけっこうびびっていて、どんなアトラクションかどきどきしていたのですが、私でも楽しめるくらい怖くはなかったです。

東京ディズニーシーにあるインディジョーンズの恐竜版といった感じで、乗り物も、ライド中の演出もインディジョーンズと似ていました。

急に恐竜が飛び出してきたりするかなと思っていたのですが、あまりそういうこともなくびびりまくって損した気がします。笑

またダイナソーではライド中の写真を撮影されます。

メモリーメーカー

撮影された写真はメモリーメーカーに保存されます。次にディズニーワールドに行ったらまた乗りたいアトラクションです!

 

ダイナソーを降りたら同じくアニマルキングダムにあるアトラクション、プライミーバル・ウィールへ!

ダイノランドUSA

このアトラクションはライドがくるくる回転しながらコースターを走るアトラクションです。

当初乗る予定はなかったのですが、上からくるくる回っているライドの様子を見ていると楽しそうで乗ることにしました。

プライミーバル・ウィール

スタンバイで20分ほどで乗ることができました。

一台のライドに4人乗りで、他のゲスト2人と一緒に乗りました。

私が乗った感想は、わりと予測不能な動きをするのでどきどきして、またライドがくるくる回転するのが斬新で楽しかったです!

ただライドがくるくる回るたびに体が動いて壁に体がうちつけられ、細身の夫はかなり痛かったみたいであまり楽しめなかったようです。

細身の方は覚悟して乗った方がいいかもしれません。



Discovery Trading Companyでお土産選び

ダイノランドUSAを満喫した後は、次にファストパスを取っている時間まで余裕があったので、ポカホンタスのグリーティングへ!

が、グリーティングが屋外で、また日陰がほとんどなかったので暑さに耐えきれず、15分ほど並んだけど列を外れました…。

日本ではグリーティングできないキャラクターなのでできればグリーティングしたかったのですが、日陰のない炎天下で待つのはけっこう辛かったです。

次はもう少し涼しい時期に行きたいです…。

そのため少し時間ができたのでアニマルキングダムのお土産屋さん、Discovery Trading Companyをふらふら。

アニマルキングダム・お土産

ここのお土産屋さんはけっこう広くて、いろいろなグッズやお土産がそろっていました。

アニマルキングダム・お土産・グッズ ディズニーワールド・モアナグッズ アニマルキングダム・お土産

夫はこのショップで家族や職場、取引先に渡すお菓子系のお土産をまとめ買いしていました。

大量に購入したのですが、ディズニーワールド直営ホテルのポップセンチュリーリゾートに宿泊しているため、レジのキャストの方にホテルまでのデリバリーをお願いし

その場で購入したお菓子を受け取らずに済んだので、荷物が増える煩わしい思いもせずに済みました。

直営ホテルまでのデリバリーはチェックアウトの前日だと利用できないようなのですが、そうでなければパーク内で購入したものを宿泊しているホテルまで送ってもらえます。

レジのキャストの方に「リゾートデリバリー、プリーズ」といったことを伝えると名前や宿泊ホテルや部屋番号などを記入する緑色の紙を出してくれるので、そこに自分の情報を記入して控えの紙を受け取ればOKです。

ポップセンチュリーリゾートの場合は、翌日の午後以降に、フードコートに併設しているショップにあるこちらのレジで控えの紙を渡すと、購入したグッズを受け取ることができます。

ポップセンチュリーリゾート

ディズニーワールドに売っているお菓子についてはこちらの投稿で触れています↓

【旅行前にチェック】ディズニーワールドのおすすめお土産2017

2017.05.02

また、アニマルキングダムのお土産について詳しくは以下の投稿に記載しています。↓↓

ディズニーワールド・アニマルキングダムで買えるおすすめお土産・グッズ2017

2017.06.14

この時点で12時半くらい。

12時40分から2017年5月にアニマルキングダムにオープンしたばかりの新エリア、パンドラ:ザ・ワールド・オブ・アバターにあるアトラクション、アバター・フライト・オブ・パッセージのファストパスを取っていたのでその新エリアに向かいます!

続きの旅行記はこちらになります↓↓

衝撃的な美しさ!パンドラ:ザワールドオブアバターとフライトオブパッセージ【WDW旅行記12】

2017.09.15

スポンサーリンク