ケープメイカフェで朝食キャラグリからのエプコットへ【WDW旅行記14】

ディズニービーチクラブリゾート

スポンサーリンク




先日、フロリダにあるウォルトディズニーワールドに行ってきました。その旅行記をちょこちょこ更新しています。

前回、アニマルキングダムでフェスティバル・オブ・ザ・ライオンキングを鑑賞しところまで書きました。

前回の旅行記はこちら↓

大満足!タスカーハウスレストランからのフェスティバルオブザライオンキング【WDW旅行記13】

2017.09.16

旅行記をはじめから見る場合はこちらからどうぞ↓

ディズニーワールドへ出発!デトロイト乗り継ぎでオーランドへ【WDW旅行記1】

2017.08.18

 

ケープメイカフェで朝食キャラクターダイニング

この日の朝食はディズニーワールド直営ホテル、ディズニー・ビーチクラブリゾートで、

キャラクターとグリーティングできるケープメイカフェ(Cape May Cafe)を予約していたのでビーチクラブリゾートへ向かいます。

私たちは9時に予約をしていてすでにシャトルバスも走っている時間帯だったため、一旦ハリウッドスタジオまでバスで行き、

ハリウッドスタジオからすぐに小型ボートに乗れそうだったら小型ボートで、小型ボートがすぐに出発しなさそうだったら歩いて行くことにします。

まずポップセンチュリーリゾートからハリウッドスタジオ行きのバスに乗車。

ハリウッドスタジオ

そしてハリウッドスタジオに到着するとちょうど小型ボートが乗り場にいてくれて、すぐに乗車することができました。

WDW・ボート

他に誰もいなくて貸し切り!

WDW・ボート

ハリウッドスタジオからビーチクラブリゾートに行くまでに、一度ドルフィン&スワンホテルのフェリーターミナルに停泊します。

ディズニーワールド・ドルフィンリゾート ディズニーワールド・ドルフィンリゾート

乗客を乗せてまた出発し、ハリウッドスタジオから二つ目の停泊場所がディズニー・ヨット&ビーチクラブリゾートです。

ボートを降りてまず目に入るグレーのホテルがディズニー・ヨットクラブリゾート。

桟橋を渡ったら右手に進んでビーチクラブリゾートに到着!水色で海外らしい可愛い外観です。

ディズニービーチクラブリゾート

ケープメイカフェ(ディズニー・ビーチクラブリゾート)までのアクセスについて、詳しくは以下の記事に記載しています。

朝食グリを楽しもう!ケープメイカフェへの行き方・アクセス方法

2017.09.17

ビーチクラブリゾートは外観もですが内装も素敵です。

ビーチクラブリゾート ディズニー・ビーチクラブリゾート ディズニー・ビーチクラブリゾート

そしてケープメイカフェ。

ケープメイカフェ

入り口の前に受付があるので、そこで予約していることを伝えしばらく待ちいよいよ店内へ!

とても可愛く、ホテルの名前の通りビーチらしい雰囲気のある店内です。

ケープメイカフェ ケープメイカフェ

料理はパン類、ソーセージ、スクランブルエッグ、サラダ、フルーツ、ヨーグルトなど定番のオーソドックスな洋食です。
これまで行ったハリウッド&バイン、タスカーハウスレストランは癖のある料理ですごく美味しい!という感じではなかったのですが、ケープメイカフェの料理はとても食べやすかったです。

ケープメイカフェ

ディズニーリゾートのビュッフェレストランの定番、ミッキーワッフルもありました。

また席に着いてウェイターの方が注いでくれたオレンジジュースは濃厚で粒感がありすごく美味しかったです♪

まず席に来てくれたのはドナルド!

ケープメイカフェ
マリンルックの洋服がお洒落で素敵♪

次にグーフィー!

ケープメイカフェ

こちらのグーフィーも他と同じく平常運転で陽気でした笑

次にミニーちゃん♪

ケープメイカフェ
ミニーちゃんといい衣装といいキュート♪ポージングがもう自分の可愛さ分かってますね。

そしてしばらくゆっくりしていると二度目のドナちゃん。

ケープメイカフェ

快くセルフィーに応じてくれました。

ケープメイカフェはビュッフェですが時間制限は特にないので、待っていると二回グリーティングすることも可能です。

この日はこの後エプコットに行くつもりだったのですが、混み合う前にエプコットに行きたいと思っていたのであまりケープメイカフェでゆっくりできませんでした。

ですが店内の雰囲気も良く、料理も美味しい素敵なレストランなので、次に来たときはもう少しゆっくり過ごせるようにスケジュールを組みたいと思います。



歩いてエプコットへ

ケープメイカフェでの朝食を終えた後は歩いてエプコットに向かいます。

対岸にはパークチケットなしで食事やエンターテイメントが楽しめるエリアであるディズニー・ボートウォークインが見えます。

ディズニー・ボードウォークイン ディズニー・ボートウォークイン

途中、ボードウォークイン、ヨット&ビーチリゾート、スワン&ドルフィンリゾートを経由してハリウッドスタジオに向かう小型ボートの乗り場もあります。

エプコット

ディズニー・ビーチクラブリゾートとエプコットはかなり近く、ワールドショーケース側の入り口であるインターナショナルゲートウェイには歩いても5分くらいで到着します。

そしてすぐにエプコットはワールドショーケースに到着。こちらはイギリス館です。

エプコット・ワールドショーケース
こちらはカナダ館。快晴です。
エプコット・ワールドショーケース

ワールドショーケースはアトラクションが多くあるフューチャーワールドよりオープンするのが遅いため、インターナショナルゲートウェイからエプコットに入ることはできましたがショップはまだ開いていませんでした。

アトラクションに乗るため急いでフューチャーワールドへ。

エプコット・フューチャーワールド エプコット

が、この時の時間は10時半くらいですが乗りたかったソアリンやテスト・トラックはすでに60分待ち以上になっていて、長く並ぶのも嫌だったのであきらめてシー・ウィズ・ニモ&フレンズに向かうことに。

シー・ウィズ・ニモ&フレンズ

ディズニーの人気ピクサー映画、「ファインディング・ニモ」の世界を旅し、海中の世界でいなくなってしまったニモをマーリンやドリーと一緒に探すアトラクションです。

ライドは貝殻型で内容も癒されるアトラクションでした。

アトラクションを降りてもちょっとした海の世界が続きます。
シーウィズニモ&フレンズ
水族館のようで、アトラクションが終わってもこうやって楽しめる工夫がさすがディズニーだなぁと思います。

シー・ウィズ・ニモ&フレンズ シー・ウィズ・ニモ&フレンズ

シー・ウィズ・ニモ&フレンズを出たあとはスペースシップ・アースへ!

近くで見るとさらに大きく感じる球体。

エプコットスペースシップ・アースはこの球体の中にあります。

スタンバイは60分待ちとかなり混み合っていましたが、ファストパスを取っていたのですぐに乗車することができました。

このアトラクションはライドに乗って最古の時代までタイムスリップし、そこから通信機器ができた歴史的瞬間をめぐるというもの。

ライドから説明の音声が流れるのですが、言語は日本語も選択できるので安心です。

アトラクションの最後の方に画面に出てくるいろいろな質問に答えると、その質問の答えに沿った自分の将来をアニメーションで再現してくれます。

そのアニメーションが、アトラクションがスタートした後に撮影される自分の顔を使って再現されていて、「このために写真を撮られたのか!」と最後に分かります。

アトラクションを降りた後も、ライドしていた人たちの写真を使って将来の様子を再現したイラストが大画面に表示されています!

スペースシップ・アース

またこの場所にある端末の画面にメールアドレスを入力して、この自分たちの顔が使われた将来のイラストを送ってもらうことも可能です。

”未来からこんにちは”というタイトルもいい。

スペースシップアース

アトラクションの最中の展示物や乗り心地はかなりレトロ感がありますが、自分たちの顔を使って自分の希望する将来を再現してくれたり、こういったイラストをメールで送れたりといった工夫はシュールですがすごく楽しめるアトラクションです。

またエプコットに来たら乗りたいアトラクションの一つです。

昨日の夜体調を崩した夫の体調がまだ万全でないようなので、夫にはいったんホテルに帰って休んでもらうことにして、この後一人でワールドショーケースをまわることにします。

続きの旅行記はこちらになります☆↓

エプコット・ワールドショーケースからマジックキングダムへ【WDW旅行記15】

2017.09.26

スポンサーリンク