しまうまプリントのフォトブックで後悔?その理由を調べてみた。

フォトブック

スポンサーリンク




思い出の写真を形として残すのにおすすめのフォトブック

わざわざ写真を現像してアルバムを作成するよりインターネット上で手軽に作成できるので大人気となっています。

@yoko1217935がシェアした投稿

もーこ21さん(@mooko21)がシェアした投稿

フォトブックを作成できるサイトは多々ありますが、中でもダントツで人気なのがしまうまプリントのフォトブックです。

何度かテレビ番組で紹介されたことや、何といっても一冊198円から格安でフォトブックを作成できることで話題となっています。

私も以前しまうまプリントでフォトブックを作成しました♪ そのときの投稿がこちら↓

しまうまプリントのフォトブックを作った感想(口コミ)と三つのポイント

2017.06.24

本当に手軽に簡単に、安くオリジナルのフォトブックを作ることができます。

ですが、しまうまプリントのフォトブックに関して調べていると出てくるのが

しまうまプリント フォトブック 後悔

というキーワード。

フォトブックを作成する際に不安になりますよね。泣

そこでしまうまプリントのフォトブックに関して、残念なポイントや後悔しているパターンにはどんなものがあるのか調べてみました。

しまうまプリントのフォトブックで後悔?その理由を調べてみた

180度見開き(フルフラット)にならない

こちらの写真は以前私が作成したビスタプリントのフォトブックの写真です。

ビスタプリント・フォトブック

ビスタプリントのフォトブックは180度見開きになるので見開き2ページにわたって1枚の写真を配置することが可能です。

一方こちらは以前私が作成したしまうまプリントのフォトブックです。

しまうまプリント・フォトブック しまうまプリント・フォトブック

ビスタプリントのフォトブックのように180度見開き(フルフラット)で開くことができません。

そのためしまうまプリントのフォトブックの場合は見開きで写真を配置してしまうと中央の部分が影になってしまって、写真の全面を綺麗に見ることができません。

 

ソフトカバーなので長期保存には不向き

フォトブックには大きく分けてハードカバーとソフトカバーの二種類があります。

こちらの写真はビスタプリントのフォトブックになりますが、フォトブックの表紙と裏表紙は厚紙になっていて折れ曲がるようなこともなく持った感じもしっかりしています。

ビスタプリント・フォトブック

またコーティングされた厚紙なので、万が一水などをこぼしてしまったとしてもすぐにふき取ってしまえば痛むようなこともありません。

一方しまうまプリントのフォトブックはソフトカバーで、表紙と裏表紙も薄めの紙でできています。

しまうまプリント・フォトブック しまうまプリント・フォトブック

そのため何度もめくって眺めているうちに表紙や裏表紙はハードカバーに比べ少しずつ痛んでいていく可能性が高いです。

また万が一水などをこぼしてしまったら、普通の紙なのでしおれてしまいます。

ソフトカバーであるがゆえ、こういった耐久性が低いため長期保存には向いていないという口コミがあります。

 

写真の読み込みに時間がかかる

これは私もしまうまプリントのフォトブックを作成していて感じたことなのですが、読み込む写真の枚数が多いと、写真の読み込みが遅いことがあります。

以前ビスタプリントでフォトブックを作成した際には読み込みが遅いといった印象はなかったのでしまうまプリントの弱点といえそうです。

 

レイアウトのレパートリーが少ない

これもレビューを見ているとよく見かけました。

以前しまうまプリントと同じく格安でフォトブックが作成できるネットプリントジャパンとしまうまプリントのフォトブックの違いについてまとめて記事にしたのですが、

確かに同じ格安のフォトブックでもネットプリントジャパンのフォトブックの方が1ページに配置できる写真枚数が4枚と多く、その分レイアウトの種類も豊富です。

その時の記事がこちら↓

徹底解説!ネットプリントジャパンのフォトブックの感想としまうまプリントとの違い

2017.06.29

しまうまプリントの場合は一番大きなサイズのA5でも、1ページに配置できる写真の最大枚数が2枚になっています。

しまうまプリント・フォトブック

しまうまプリントのレイアウトの種類は、

テキストのみが4種類、写真を1枚配置する場合が13種類、写真を2枚配置する場合が4種類、見開き2ページに渡って1枚配置する場合が5種類の合計26種類になります。

一方ネットプリントジャパンのレイアウトの種類は、

テキストのみが4種類、写真を1枚配置する場合が12種類、写真を2枚配置する場合が4種類、写真を3枚配置する場合が4種類、写真を4枚配置する場合が3種類、見開きで配置する場合が5種類の合計32種類になります。

比べてみるとそこまで大きな差はありませんが、クオリティの高さで人気のビスタプリントマイブックのフォトブックは決められたレイアウトだけでなくページ内に自由に写真を配置できるので、
かなりデザインの融通が利くことを考えるとレイアウトのレパートリーが少ないと言えます。

 

ページ数の融通が利かない

これも先ほどのレイアウトと関係しますが、しまうまプリントのフォトブックは決められたページ数(36、48、72、96、144)しかページ数が決められません。

そのため配置しきれなかった写真分、2ページ、4ページ、と追加することができません。

決められたページ数に綺麗に写真をおさめて配置しないといけないので、写真を選別したりレイアウトを考えるのが大変だったりします。

 

画質が荒い

画質が荒いという口コミもあります。

こちらは私がしまうまプリントのフォトブックを作成した際に、写真データとフォトブックに印刷された写真を比較したもの。

しまうまプリント・フォトブック

左側が写真データで、右側がフォトブックに印刷された写真です。

確かに写真データと比較しても色味が違っていたり、印刷の粒が目立ってしまって画質が荒い印象があります。

またしまうまプリントのフォトブックの紙質は少しざらざらしているので、その紙質のせいで余計に荒く感じてしまう面もあるようです。



残念ポイントはあり。それでも格安でフォトブックを作成できるのがしまうまプリントの魅力

これまで上げたようなポイントがしまうまプリントのフォトブックのちょっと残念ポイント、後悔のポイントとして上げられます。

一方で口コミやレビューを見ていても圧倒的に多いのが

これだけ安く作れてこのクオリティなら満足

注文してから発送までが早くて嬉しい

格安だからたくさん作れ、大量にある写真の整理にもってこい

親せきや友人などへのばらまき用のフォトブックとして使える

といった感想です。

上述したようなあまり良くないポイントもあります。

しかししまうまプリントのフォトブックは決して安かろう、悪かろうの商品ではなく、値段相応、もしくはそれ以上のクオリティのフォトブックなのです。

こちらはしまうまプリントのフォトブックの価格表ですが、はじめに申し上げたとおり198円から作成可能です。

しまうまプリントのフォトブックの価格

しまうまプリントのフォトブックの価格

またページ数を144ページにすると全てのサイズで最大285枚の写真を配置できます。

一番安いもので198円という価格も衝撃ですが、一番サイズの大きいA5でページ数を最大のものにしても1000円未満という驚きの安さ

もちろんサイズを大きくしたりページ数を増やすにしたがって値段は上がっていきますが、それでも他のサイト・会社のフォトブックと比較してもかなり安いことに変わりありません。

私が作成したしまうまプリントのフォトブックも、A5サイズでページ数も多くしてたくさんの写真を入れたにも関わらず一冊1000円もかからず作成でき、またすぐに自宅まで届き、この安さでこのクオリティなら文句なし!と思いました。

レイアウトのレパートリーの少なさは裏を返せばシンプルにサクッと作成できるというメリットでもあるので、レイアウトに自信がない、という方でも安心してフォトブックを作成することができます。

また価格が安い分たくさん作れるため、大量にある子どもの写真やペットの写真の整理や、
子供の運動会、自分の結婚式などのイベントの写真をフォトブックにしたものを家族や親せき、友人へばらまくのに便利といった声もあります。

. 親族へのお配り用として、 #フォトブック を作りました . 使ったのは#しまうまプリント のアプリ。 枚数も幅広く使えるし、ゲストごとに レイアウトを変えれるのも◎ 写真配置が迷いに迷った〜!笑 . スマホアプリは少し落ちやすいけど、 PCはレイアウトしやすくてオススメです* サイズ、枚数、カラー全て選べます 私はA5サイズのホワイトにしました♬ . . #卒花嫁 #卒花嫁レポ #ウェディングフォト #全国のプレ花嫁さんと繋がりたい #ガーデンウェディング #ハウスウェディング #人前式 #アメリカンヴィンテージ #ウェディングソムリエアンバサダー #marryxoxo #marry花嫁 #道産子花嫁 #ウェディングニュース #みんなのウェディング #ハナコレ #ハナコレストーリー #2017秋婚 #ゼクシィ花嫁 #farnyレポ #bridyレポ

ayane♛さん(@aynewd)がシェアした投稿 –

画質や紙質は実物が届くまで分かりませんが、レイアウトのレパートリーの少なさや180度見開きでない、ソフトカバーといったことは注文前に分かることです。

そのため、これらを頭に入れたうえで作成をすれば後悔することも少なくなるのではないかと思います。

参考までにこちらはサンプルで作成したA5スクエア・36ページのしまうまプリントのフォトブックです↓⚠音声注意⚠

マイナスの面もありますがそれ以上に価格の安さや手軽さで人気なので、十分利用する価値ありです♪

気になっている方は是非一度しまうまプリントのフォトブックを作ってみてくださいね☆

 

ネットプリントジャパンの格安フォトブックもおすすめ

しまうまプリントも人気ですが、同じくらい格安でフォトブックが作成できるネットプリントジャパンのフォトブックもおすすめです。

しまうまプリントのフォトブックとの違いをまとめているのでよければご覧ください↓

徹底解説!ネットプリントジャパンのフォトブックの感想としまうまプリントとの違い

2017.06.29

しまうまプリントやネットプリントジャパンほど安くはありませんが、ビスタプリントのフルフラットフォトブックもおすすめです☆ 詳しくはこちら↓

おすすめ!ビスタプリントのフォトブックの口コミ・作り方も解説

2017.09.30

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)