ネットプリントジャパンのフォトブックの画質を元データと徹底比較!

スポンサーリンク




格安でフォトブックが作成できる、ネットプリントジャパンのフォトブック

たくさんある写真の整理をしたいというときや、子供や結婚式の写真などをまとめて友人や親せきに送りたい、というときにおすすめのフォトブックです😃

ですが、はじめてネットプリントジャパンのフォトブックを作るときに気になるのが画質は綺麗なのかどうか、ですよね。

そこでネットプリントジャパンで作成したフォトブックの写真の画質と、その元になった写真データの画質を徹底比較してみました!

ネットプリントジャパンの印刷方法には、【スタンダード】と【プレミアム光沢仕上げ】の2種類あります。

それぞれの種類のフォトブックの写真で分けて検証します。

いずれの検証でも、フォトブック実物の写真の方はCASIOのコンパクトデジタルカメラ、EX-ZR1800(1610万画素)で美白加工などはせずにフォトブックの写真を撮影したものです。

実物のフォトブックの写真の明るさ調整などは一切していません。

そのため、できるだけ実物のフォトブックの写真に近づけるように撮影していますが、どうしても少し暗めになってしまっているのでご了承ください💦

関連:徹底解説!ネットプリントジャパンのフォトブックの感想としまうまプリントとの違い

関連:【口コミ】ネットプリントジャパン・プレミアム光沢フォトブックが素敵すぎた

ネットプリントジャパンのフォトブック・スタンダードの画質を比較

まずは【スタンダード】のフォトブックの写真の画質と、その元データの写真を比較します。

写真左側がフォトブック実物の写真を撮影したもの、右側が元の写真データです。

ネットプリントジャパンのフォトブック・画質比較 ネットプリントジャパンのフォトブック・画質比較 ネットプリントジャパン・フォトブックの画質比較 ネットプリントジャパン・フォトブックの画質比較 ネットプリントジャパンのフォトブック・画質比較 ネットプリントジャパンのフォトブック・画質比較

上の写真全体から分かるように、元の画像データと比較して少し赤っぽく印刷されている印象があります。

また顔の部分を見ると分かりやすいのですが、写真データに比べてフォトブックの写真はインクの網点(粒)が目立ち少しまだらに見えています。

網点とは、印刷物で色の濃さを表す網状の点のこと。

ひとつひとつの点の大きさや点の密度で色の濃淡を表現しています。

スタンダードのフォトブックの場合、4色(シアン、マゼンダ、イエロー、ブラック)の点が重なり合って別の色を表現したりさまざまな大きさや密度で集合することでフォトブックの印刷ができあがっています。

 

ネットプリントジャパンのフォトブック・プレミアム光沢仕上げの画質を比較

次に【プレミアム光沢仕上げ】で作成したフォトブックの画質を比較します。

左側フォトブックの写真をコンパクトデジタルカメラで撮影したもの、右側元の写真データです。

ネットプリントジャパンのフォトブック・画質比較 ネットプリントジャパンのフォトブック・画質の比較 ネットプリントジャパンのフォトブック・画質比較 ネットプリントジャパンのフォトブック・画質比較 ネットプリントジャパンのフォトブック・画質比較

スマホで見ると、おそらく先ほどスタンダードのフォトブックで比較した画像と変わりがないように感じると思います。

ただパソコンで見ていただくとスタンダードの写真にあったようなインクの網点(粒)は見られず、拡大してもなめらか・鮮明で、かなりきれいに印刷されていることが分かります。

また温かみのある色合いになったように感じます。

 

ネットプリントジャパンのフォトブック・プレミアム光沢仕上げの画質が良い理由

ネットプリントジャパンの【プレミアム光沢仕上げ】は、単にスタンダードのフォトブックに光沢を付けただけではなく、写真の画質がかなり良いです。

その理由は、プレミアム光沢仕上げは『7色印刷』を採用していることにあります。

プレミアム光沢仕上げは7色印刷

スタンダードは、一般的な家庭にあるプリンターと同じ、シアン、マゼンダ、イエロー、ブラックの4色で印刷されています。

一方プレミアム光沢仕上げはシアン・マゼンダ・イエロー・ブラックの4色に独自の3色を加えた7色インクで印刷されています。

7色で印刷することで色調が滑らかに印刷され、スタンダードのフォトブックでは再現できなかった色域や繊細な色彩が表現されているので画質が良いのです。

さらにスタンダードとは違う専用インク、専用用紙を使っているため、何十年も色あせない仕様になっていて、長期保存も可能なのがプレミアム光沢仕上げの特徴です✨



ネットプリントジャパンのフォトブック・スタンダードは画質が悪いのか

プレミアム光沢仕上げと比べると、スタンダードのフォトブックは画質が良くないように感じられるかもしれません。

だた、印刷関連の仕事をしているわけでもない、カメラ好きでもない私としては、はじめスタンダードのフォトブックが届いたとき「画質が良くない」という印象は受けませんでした。

こうやって写真の元データと比較してみて、「あ、少しまだらに感じるなー🤔」というくらい。

スタンダードは網点が目立つと言いましたが、すごく顔を近づけたり拡大したりしない限り見えませんし、気になることもありません。

ネットプリントジャパンのスタンダードのフォトブックを作成して夫に見せたときも、1000円もかからず作ったものでしたが「3000円くらいに見える」と言われました。笑

こちらはネットプリントジャパンのフォトブックの価格表です▼

サイズ ページ数 スタンダード プレミアム光沢
ソフト
プレミアム光沢
ハード
文庫サイズ
(105×148)
24P ¥180 ¥580
48P ¥380 ¥880
96P ¥580 ¥1,580
A5スクエア
(148×148)
24P ¥250 ¥780 ¥980
48P ¥480 ¥1,290 ¥1,790
96P ¥680 ¥1,980 ¥3,280
A5
(148×210)
24P ¥330 ¥980 ¥1,280
48P ¥580 ¥1,580 ¥2,280
96P ¥780 ¥2,780 ¥4,280
A4
(210×280)
24P ¥500 ¥1,980 ¥2,480
48P ¥880 ¥3,980 ¥4,480
96P ¥1,680 ¥6,380 ¥7,980

※価格は全て税抜き

スタンダードはかなり安く作ることができますが、値段相当か値段以上の価値があると思っています✨

スタンダードのフォトブックがかなり安く作成できるのも、

自社開発したシステムで生産ラインを半自動化して印刷機の稼働率を上げる

家賃が安い熊本県に工場をかまえる

といったコストカットが行われているからで、品質を落として安くしているというわけではありません。

ただ、もし複数注文される予定でどうしても画質が気になるときは、メール便だと送料は80円で済むので、試しに1冊注文してみて確認されることをおすすめします。

 

高画質を求めるならプレミアム光沢仕上げがおすすめ

プレミアム光沢仕上げは、拡大して写真を見ても網点(印刷したときのインクの粒)が見えることがなく画質がなめらかで綺麗。

肌の質感も元データとの差はほとんどありません。

さらに光沢があるため高級感もあり、何十年も色あせないインクと専用用紙を使っているので長期保存もできます。

ネットプリントジャパンのフォトブック ネットプリントジャパンのフォトブック ネットプリントジャパンのフォトブック ネットプリントジャパンのフォトブック ネットプリントジャパンのフォトブック ネットプリントジャパンのフォトブック ネットプリントジャパンのフォトブック

プレミアム光沢仕上げにすると少し高くなってしまいますが、「まだお財布に余裕があるから、ちょっとでも画質がきれいな方がいい」というときは、プレミアム光沢仕上げのフォトブックもおすすめです✨

 

さいごに

ネットプリントジャパンのフォトブックの画質を比較検証してみました。

ネットプリントジャパンのフォトブックは簡単に作れてしかも安いので、

「たくさんある写真を年毎や月毎で整理したい!」というとき、

「結婚式や卒業式の写真をフォトブックにしたものを祖父母などの家族や親せきに渡したい!」というときに便利です😄

少しでも参考になれば嬉しいです😊

 

▼紹介したネットプリントジャパンはこちら▼



ネットプリントジャパンのフォトブックと、同じく格安でフォトブックが作成できるしまうまプリントのフォトブックとの違いは以下の記事にまとめています👇

徹底解説!ネットプリントジャパンのフォトブックの感想としまうまプリントとの違い

2017.06.29

ハードカバーで高品質なフォトブックを作るならビスタプリントもおすすめです👇

【口コミ】ビスタプリントのフォトブックははじめてでも作りやすくてオススメ

2017.09.30

よければフォトブックを作る際の参考にしてください☆

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)