【口コミ】ビスタプリントのフォトブックははじめてでも作りやすくてオススメ

スポンサーリンク




「たくさんある写真を、綺麗に、形として残したい!」というときにおすすめなのが、パソコンで簡単に注文できるフォトブック。

先日ビスタプリントのフォトブックを作ったのですが、「作りやすいし、デザインの幅も広い!画質もいいしフォトブックのつくりもしっかりしている」と感じました😍

もちろん、いくつかのデメリットはあったものの、総合評価としては大満足のビスタプリントのフルフラットフォトブック。

そこで、ビスタプリントを注文する前の方に、気になるポイントや購入前に知っておいた方がいい注意点などを詳しく解説します。

実際に購入したフォトブックの画像も掲載していますので、参考にご覧ください。

\初めての方でも簡単/

>>ビスタプリント・フォトブックの詳細を公式サイトで見る

ビスタプリントのフォトブック、実物の感想・口コミ

ビスタプリントのフルフラットフォトブックはハードカバーなので、厚さがありしっかりとした紙でできています。

ビスタプリントのフォトブック

表紙は、上の写真のように決まったレイアウトに写真をあてはめて配置することもできるし、一から自由にレイアウトすることもできます。

▼こんな風に、メインの写真とは別で自分で撮った写真やフリー素材を背景にすることも可能。

ビスタプリント・フォトブック

表紙や裏表紙の触り心地はつやつやとしていて光沢があり、ソフトカバーにはない手に持った時の安心感があります。

ビスタプリント・フォトブック

裏表紙はこのような感じ↓ 光沢があるのが分かりやすいです。

ビスタプリントのフォトブック・裏表紙

写真の大きさや配置する写真の枚数、レイアウトは自由に変更できます。

Mサイズ・縦長(15×20cm)のフォトブックを注文しましたが、A5サイズで作成したしまうまプリント、ネットプリントジャパンのフォトブックとほぼ同じ大きさです。

ビスタプリントのフォトブック

上から見ると、ハードカバーでしっかりと厚みがあることがより分かりやすいです。

こちらのフォトブックのページ数は追加料金がかからない範囲の24ページで、厚さは1cmほど。

ビスタプリントのフォトブック

ビスタプリントのフォトブックの特徴、フルフラットで、綴じ代がない分全面に広げて見ることができます。

ビスタプリントのフォトブック

一枚の写真を2ページにわたって配置することも可能です。

ビスタプリントのフォトブック ビスタプリントのフォトブック

上の写真からも分かりますが、カバーだけでなく中の写真が印刷されている紙も厚みのある紙に印刷されています。

一方こちらは、1000円以内で作成した格安フォトブックの写真▼

格安フォトブック

格安フォトブック

ビスタプリントと比較して紙が薄く、種類や厚さが全く違うことが分かります。

このように中の用紙まで厚くてしっかりとした紙に印刷されているのは、他社にはない、ビスタプリントの特長の一つです。

実物の写真をもっと見ていきましょう♪(違うカメラで撮ったものなので、写真ごとに色味の差があります💦)

ビスタプリントのフォトブック ビスタプリント・フォトブック ビスタプリント・フォトブック ビスタプリントのフォトブック ビスタプリント・フォトブック ビスタプリントのフォトブック

自由に写真を配置することが可能なので、このようにたくさんの写真を配置することもできます▼

ビスタプリントのフォトブック

また、こちらはマスクの機能(オフライン編集のみの機能)を使って写真をハートや星の形に切り抜いてみました▼

ビスタプリント・フォトブック

この左ページの「DISNEY」の文字はクリップアートを配置しています▼

ビスタプリントのフォトブック

ハードカバーで中の写真が印刷された部分も厚紙なので、万が一高いところから落ちてしまったときでも紙が曲がったりして見た目が悪くなることはありません。

飲み物や食べ物をこぼしてしまったときでも、さっとふき取れば汚れないので小さなお子さまがいる家庭でも何度も何度もめくって見ることができます😊

実際に作ってみて、無料のソフトは操作しやすいし、画質もいいし、背景をいろいろな色にしたりフォントも自分の好きなものにできたり、カラフルで可愛いフォトブックが完成して「大・満・足!!」でした😊

自分用と、同じものを友人用に作ってプレゼントしたのですが、友人も喜んでくれたので「作ってよかった」と思いました💕

>>【公式サイト】ビスタプリント・フォトブックの詳細を見る

 

ビスタプリントのちょっと残念なポイント

しっかりとした作りで納得の出来栄えのビスタプリントですが、「う~ん」と思うポイントもあります。

ケースがついていない

まずビスタプリントのちょっと残念だと感じるポイントは、「ケースがついていない」ことです。

下の写真のように、マイブックやフォトレボのフォトブックには半透明のケースがついています。

マイブックのフォトブック

マイブックのフォトブック

フォトレボのフォトブック

フォトレボのフォトブック

一方ビスタプリントのフォトブックにはケースはついていません。

ただ、購入前はケースがないことが気になっていたのですが、ケースがついていない方がむしろ自分の好きなケースを買って使えるため、今は逆に良かったなと思っています。

 

スマホで作成ができない

ビスタプリントのフォトブックは、パソコンでないと作成できません。

そのためスマホに保存された写真をフォトブックにするときはいったんパソコンに移さないといけないので、少し面倒です😅

ただ私の経験上、スマホの小さな画面でフォトブックを作るのは細かいデザインや写真の配置の変更が難しくて失敗しがちなので、パソコンで作れるフォトブックを作るようにしています。

そのため大きな問題でもないと感じています。

もし今このページをスマホで見られていたら、自宅でパソコンの画面でチェックできるようこのページをブックマークしておいてください▼

 

ビスタプリントのフォトブック・画質を検証

次に、ビスタプリントのフォトブックの画質を元の写真データと比較してみます。

左がフォトブックの写真を1610万画素のデジカメで撮影したもの、右側が元の写真データです↓

左側の写真はフォトブックをデジカメで撮影した関係でどうしても少し暗くなってしまっています。ご了承ください
ビスタプリントのフォトブック・画質比較 ビスタプリントのフォトブック・画質比較 ビスタプリントのフォトブック・画質比較 ビスタプリントのフォトブック・画質比較

フォトブックの写真は実物をデジカメで撮影したことで暗くなってしまっているのですが、実物のフォトブックの写真をパソコンで見た写真データと比べても暗さはありません。

写真を並べてみると、元の写真データよりくっきりとしてあたたかみのある色合いで印刷されていると感じました✨

またとても綺麗に印刷されていて、画質の荒さや色味が気になるようなこともありません。

背景に色をつけているページもあるのですが、その色が思っていたのと違うというようなこともありませんでした😄

 

オフライン編集は高性能、デザインの幅が広い

ビスタプリントの編集方法は、【オンライン編集】と【オフライン編集】の2つの編集方法があります。

【オンライン編集】はインターネット上でフォトブックが作成できる編集方法で、【オフライン編集】は無料の作成ソフトをパソコンにダウンロードして作成する方法です。

ビスタプリント・フォトブック編集

ダウンロードして使う無料の作成ソフトは、かなり高性能。

他社のフォトブック編集ソフトに比べて感覚で操作しやすいので、はじめてフォトブックを作るという方でも作りやすいです。

ビスタプリント・フォトブック

オフライン編集の画面

どんなところが高性能かというと、例えば写真の彩度・明度・コントラストといった画像加工ができるので、薄暗い写真を明るくしたり、より色鮮やかに調整してフォトブックにのせることができます。

オンライン編集では明朝体とゴシック体の2種類しかないフォントが、無料ソフトだと数十種類もあります。

背景や文字の色は、あらかじめ決まった色の中からだけではなく、カラーピッカーから自分で自由に選ぶことが可能。

ビスタプリント・オフライン編集

ただ、操作・デザインしやすいとはいえ、全てのページにこだわると作成するのに数日はかかります。

とはいえ、他のフォトブックの編集ソフトに比べたら格段に使いやすいのは間違いありません。

これでOK!ビスタプリントのフルフラットフォトブックの作り方」の投稿には、ビスタプリントのフォトブック編集ソフトの使い方やデザインの方法などを詳しく解説しているので、作り方の参考にしてください。

2018年に入って専用ソフトがバージョンアップして、さらに使いやすくなりました。

 

ビスタプリントのフルフラットフォトブックは1種類のみ

フォトブックを作るとき、たくさんの種類があるため、それぞれの種類を調べたり、種類やサイズ、価格を考慮して一番ベストなものを選ぶのに迷ってしまうことが多いのですが、ビスタプリントのフルフラットフォトブックは1種類のみ。

選ぶのはサイズだけなので、価格の比較もラクチン。

そのためはじめてフォトブックを作る方でも迷うことなく作りやすいのが、ビスタプリントのおすすめポイントでもあります✨

>>【公式サイト】ビスタプリント・フォトブックの詳細を見る

ビスタプリントのフォトブックの送料

ビスタプリントのフォトブックは、通常注文毎に500円(税別)の送料がかかり、4,500円以上の注文で送料は無料になります。

そのためフォトブックの料金に、4,500円未満の注文ではプラス500円かかると思ってください⚠

他社のフォトブックも宅急便を利用する場合は送料が400~500円ほどかかるため特別高いということはありません。

また注文毎の送料がつねに定額なので、どの製品を注文しても、また多くの数量を注文しても、送料が変動せずにお得に注文できるので嬉しいですね。

 

ビスタプリントのクーポン・割引で購入する方法

ビスタプリントの会員登録をしてメールを受け取るように設定すると、クーポンや割引の情報をメールで受け取ることができます。

フォトブックが割引になるキャンペーンや送料無料のキャンペーンを頻繁に実施しているため、あらかじめ会員登録をして情報をゲットしておくと、お得に購入できます♪

 

ビスタプリントのフォトブックの納期

ビスタプリントのフォトブックは、注文完了から通常4または5営業日、地域によっては6営業日での配送となっています。

具体的なお届け予定日は、注文の際「お届け情報」ページに表示されるので確認のうえ注文してください。

以前は配送まで10営業日ほどかかっていたのですが、今年に入って納期が早まりました。

 

ビスタプリントのフォトブックはこんな人におすすめ

これまで紹介したような特徴を踏まえ、ビスタプリントのフォトブックはこういった方におすすめです↓

 

こんな人におすすめ

あまりお金はかけられない… けど、できるだけ画質の綺麗なフォトブックを作りたい

結婚式、卒業式など一生に一度の瞬間をフォトアルバムにしていつでも見返せるようにしたい

家族や友人へのプレゼントに、画質、耐久性などの面で品質の高いフォトブックを送りたい

はじめてのフォトブック!けど、種類がありすぎて選びきれない…

 

さいごに

ビスタプリントは、画質がきれい・デザインの幅が広い・厚紙で耐久性がよく長持ちするという特長がある一方で値段は高すぎないたいため、

「値段と品質を考えたときにコスパの良いフォトブックはどれなんだろう?」と迷っているならビスタプリントがぴったりです。

自分や家族の思い出を形として残すのにも、友人へのプレゼントとして贈っても喜ばれますよ😊

是非一度作ってみてくださいね⭐

 

▼紹介したビスタプリントはこちら▼

 

>>【公式サイト】ビスタプリント・フォトブックの詳細を見る

 

 

ビスタプリントのフォトブックをもっと知るなら、こちらの投稿も参考になります▼

ビスタプリントのフォトブック「オンライン編集」と「オフライン編集」の違いとは?

2018.01.05

これでOK!ビスタプリントのフルフラットフォトブックの作り方

2018.04.13

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)